協力団体

モア・トゥリーズ
モア・トゥリーズとは

more trees(モア・トゥリーズ)は文字通り「もっと木を」という呼びかけです。
地球規模で森林の破壊がすすみ、人類の文明そのものが危機に瀕しているいま、木をふやし、森をふやし、森が吸収するCO2をふやすことを、また森が本来抱えている保水力や生物多様性をはぐくむ力を回復することを、more treesという名のもとに前進させていくムーブメントをめざします。
これまで環境問題や国際平和活動に様々なかたちでコミットしてきた音楽家の坂本龍一をはじめ細野晴臣、高橋幸宏、中沢新一、桑原茂の5名の発起人および各界から100名以上の賛同人を得て、more treesは設立されました。

森づくりとカーボンオフセット

more treesは、森づくりによってCO2が吸収される量をもとに植林・森づくりによる「カーボンオフセット」という概念とアクションをさまざまな仕掛けとともに一般に浸透させる、というミッションを掲げています。

森づくり4つのカテゴリー
モア・トゥリーズの森

2007年11月30日、第一号の森が高知県梼原町でスタートしました。
以後、森づくりは国内を中心に着実に広がっています。
また、間伐によって生じた材は、オリジナルグッズへの加工・販売などを通して有効活用していきます。2009年夏には、フィリピンでの植林プロジェクトもスタートしました。

カーボンオフセットジャパン
カーボンオフセットとは

ご披露宴に使用する電気エネルギーにより排出されるCO2(カーボン)を国連のCO2削減プロジェクトの削減効果と相殺(オフセット)することで、ご披露宴を開催するに伴い、どうしても排出してしまうCO2を差引きゼロにすること、それがカーボンオフセットです。
その効果によって、CO2排出削減マニフェストに貢献いたします。

カーボンオフセットジャパンとは

私たちは、地球温暖化を解決して、持続可能な社会をつくるための、あたらしい仕組みをつくりました。
私たちは便利な生活と引き換えに、CO2などの温暖化の原因になるガスを出しすぎました。それによって、今、地球は悲鳴をあげています。
なんとかこれを、地球が自然のチカラで呼吸できるだけの量まで減らしたいもの。

そうすれば、これから先も人間を含むすべての生き物が、気持ちのいい空のもとで、共存して暮らしていくことができます。
私たちは、そんな世界を目指すための新しい仕組み「カーボンオフセット」を提供しています。
あなたもいっしょに、青い空に広がる世界を増やしてみませんか?

【カーボンオフセットジャパン(COJ)】
URL:http://www.co-j.jp/

 
space
 
Copyright(c)2010 CS-Group Inc. All Rights Reserved.